蜂の習性を知ろう|駆除業者に退治してもらう

女の人

危険性がある

はち

蜂の刺された事故件数の多いのが、スズメバチといった種類の蜂になります。スズメバチにもいくつか種類に分かれています。オオスズメバチやキイロスズメバチなどがおり、凶暴な蜂になります。こういった攻撃性の高い蜂の種類は、冬になると働き蜂は死んでしまいます。女王蜂だけが冬眠することができ、春になると目覚めて巣を作ります。ですので、冬の時期は蜂による事故は少ないといえます。攻撃性のあるスズメバチは、春から秋にかけて活動をはじめます。また、繁殖時期となる8月から10月は興奮しやすく、気性も荒くなっています。そのため、巣に近付くだけで強い攻撃を示してきます。スズメバチは、人の汗や甘い匂いに反応し、攻撃をしてきます。こういった蜂の種類は、黒や青、垢などの濃い色の反応をし、集中的に攻撃を与えてきます。蜂の視力は弱いため、黒や赤、青の濃い色に強く反応をします。さらに、左右の素早く動くものに反応して攻撃を加えてくるので、巣を発見した際にはゆっくりその場から離れた方が良いといえます。

攻撃性の高い蜂の種類も駆除することができます。ですが、一斉に襲われたら怖いと思われる方も多くいます。防御服を着用していても、靴や首元などの隙間に入られてしまうと、刺されてしまいます。また、薬剤を撒いた際には一斉に飛んできます。それに驚いて薬を撒くのを中断してしまうことになります。中断することで、より多くの蜂が襲ってきてしまいます。自分で駆除するのは不安に感じるという方は、専門の方に退治してもらいましょう。